格安スマホの買い方、セットで買う/別々に買う

格安スマホの買い方は大きく分けて二通りあります。

MVNOで格安SIMとSIMフリーのスマートフォンをセットで買う方法と、MVNOで格安SIMだけ申し込んでSIMフリーのスマートフォンはAmazonや大手家電量販店で買う方法の2つがあります。

※ MVNOとは、楽天モバイルやIIJmioなど格安SIMのサービスを提供している会社のことを言います。

セットで買うメリット

格安SIMとスマホをセットで買うメリットは、間違えないこと、そしてキャンペーンで新しいスマホを割安に買えることです。

少しスマホに詳しければ別々に購入しても問題ないですが、スマホ初心者だとSIMサイズを間違えたり、例えばau系の格安SIMでは使えないのにスマホなのに、au系の格安SIMを間違えて選んでしまう場合もあります。

格安SIMと新しいスマホをセットで申し込めば間違えることがありません。

セットで買うデメリット

セットで買うデメリットは選択肢が少なくなることです。

MVNOによって扱っているスマホは数機種に限られています。格安SIMだけ販売して、スマホを販売していないMVNOもあります。セットで申し込もうとすると、自分にとってベストな選択肢を選べない場合があります。

基本的にはセットで買うのがおすすめ

新しいスマホが必要な場合は、基本的には安さを重視して、格安SIMとスマホをセットで契約すると安くなるMVNOを検討することをオススメします。

 格安スマホの相場、平均的な月額料金

格安スマホの本体(3万円くらい)を一括購入した場合
平均的な月額料金 1600円

格安スマホの本体を分割購入した場合
平均的な月額料金 2年間は端末の分割代込みで月3000円、2年経過後に月1600円

大手キャリアだとスマホ代込みで月々7000円の支払いが一般的なので、格安スマホの月額料金の安さが際立っています。

格安スマホ本体の相場

格安スマホ本体の相場は2万円から4万円くらいです。安ければ安いほど性能が悪くなり、高ければ高いほど性能が良くなります。

よくわからなければ3万円前後の格安スマホを買うのが無難です。

スマホを普通程度に使う一般ユーザだと、2万円くらいの格安スマホで普通に使えて、3万円で満足する格安スマホが買えます。4万円以上になると必要以上に高性能なので、買う必要性は少ないです。

スマホをたくさん使う場合、3万円くらいの格安スマホで普通に使えて、4万円以上で満足する感じになります。スマホをほとんど使わないライトユーザだと、1万円くらいの格安スマホでも普通に使えて、2万円くらいで満足する感じです。

注:格安スマホを分割払いにすると手数料で割高になる場合がある

MVNOで格安スマホをセットで買う場合、分割払いで購入できる場合がありますが、分割払いを選択すると15%くらいの分割手数料が発生する場合があります。一括払いで払えるMVNOの場合は、一括払いを強くお勧めします。